経済産業省「GXリーグ基本構想」に賛同

お知らせ サステナビリティ 環境

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗)は、経済産業省が公表した「GX(グリーントランスフォーメーション)※リーグ基本構想 」への賛同を表明いたしました。

GXリーグとは、2050 年カーボンニュートラル実現と社会変革を見据えて、GXへの挑戦を行い、持続的な成長実現を目指す企業が同様の取り組みを行う企業群や官?学と共に協働する場のことです。

当社は、環境分野における「2050年にめざす姿」の中で、製品および生産からのCO2排出ゼロに挑戦することを目標に掲げ、製品の環境性能向上、低CO2生産技術開発導入や太陽光発電、水素などのクリーンエネルギーの活用といった取り組みを推進しています。「GXリーグ基本構想」は、脱炭素社会の実現に向けた当社の取り組みの考え方と合致するものであり、賛同いたしました。

今後も豊田自動織機グループは、省エネ活動をはじめとしたグローバルな環境保全活動を通じて、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

GXリーグ基本構想
https://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/global_warming/GX-league/gxleague_concept.pdf
(経済産業省ホームページ)

カーボンニュートラルにいち早く移行するための経済社会システム全体の変革

以上