トヨタ新型「ノア/ヴォクシーハイブリッド」に搭載、小型?大電流のハイブリッド車用DC-DCコンバーターを新開発

ニュースリリース 製品?技術

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗、以下 豊田自動織機)は、このほど新型ハイブリッド車向けDC-DCコンバーターを開発し、トヨタ自動車株式会社が1月13日に発表した新型「ノア/ヴォクシーハイブリッド」に採用されました。独自のパワーエレクトロニクス技術を磨き、従来品と比較して出力電流を100Aから150Aへと1.5倍に引き上げるとともに、34%の小型化を実現しました。

DC-DCコンバーターは、直流電圧を機器に応じた適切な電圧に変換する電源装置であり、ハイブリッド車など電動車用の高電圧バッテリー(200V~400V)から、12Vの低電圧に変換して、補機バッテリーや制御ECU、ナビゲーションシステム、ライトなどに電力を供給します。
近年、自動車の電子化と電動化の進展に伴い車内で使用される電力が増加しており、また先進運転支援システムの普及によって、センサーやカメラなど情報通信のための電装品も増えています。こうした自動車の消費電力の増加に対応するため、DC-DCコンバーターの大電流化による出力電力の増加が求められています。

今回開発したDC-DCコンバーターは、パワーエレクトロニクス分野における当社のコア技術である厚銅基板技術と、大電流化に伴い増加するノイズを回路や構造設計の最適化によって抑える低ノイズ技術を発展させることで、大電流化と小型化の両立を実現しました。
また、車両起動時に発生する過電流からハイブリッドシステムの回路を保護するためのプリチャージ機能をDC-DCコンバーター内に追加しました。

2050年のカーボンニュートラル実現に向けて、電動車市場が世界的に急成長する中、豊田自動織機はこのたびのDC-DCコンバーターをはじめとするカーエレクトロニクス製品の提供を通じて、ハイブリッド車、電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池車といった電動車の普及を支えてまいります。

*銅箔が厚いことから抵抗が少なく、また、高い放熱性を備えるため大電流を流すのに適した基板。大電流基板とも呼ばれる。

HEV用新型DC-DCコンバーター

以上