2022年 社長年頭あいさつ(要旨)

ニュースリリース 経営

明けましておめでとうございます。新年にあたり、日ごろより私たちの製品をご愛顧いただいているお客さまをはじめ、仕入先の皆さん、地域の皆さん、共に働く当社グループの皆さんに感謝を申しあげ、年頭の所感をお伝えします。

1. 基本の徹底

一年のスタートにあたり、あらためて、会社の基盤である安全?健康?品質?コンプライアンスの重要性を認識するようお願いします。デジタル化や、コロナ禍を経た環境変化がどれほど進んでも、私たちが最優先する基本に変わりはありません。なかでも、「安全第一、品質第二、生産第三」が社員全員の意識の中に浸透し、実践できるようにしたいと思います。基本の徹底を継続し、改善を重ねながら、当社のものづくりを磨いていってください。

2. 先入観にとらわれない

90年以上にわたるものづくりの歴史の中で、当社は多くのアイデアを生み出し、様々な製品を世に送り出してきました。これは、お客様に喜ばれる製品を追求し、その時々の問題や課題に対し、先入観を持たず、真摯に向き合ってきた結果だと思います。
今も私たちは、自動化や電動化、環境性能の向上など、これまでにないチャレンジに取り組んでいます。先入観にとらわれず、常にお客様が求めるのは何かを追求し、挑戦し続けてください。常識や思い込みによって、変化やチャレンジから遠ざかることなく、よりよい製品やサービスで世界に貢献できるよう、取り組みを進めて欲しいと思います。

3. 仕事を楽しむ、変化を楽しむ

新型コロナウイルスへの対応、半導体不足、原材料の高騰など、引き続き様々な課題に直面していますが、悲観的な見方からは、本当の解決策、対応策は出てこないと思います。壁にぶつかったときこそ、それを乗り越える新しいアイデアやチャンスが生まれます。先輩達は、過去に数々の苦難を乗り越えて今の当社を築いてきました。前向きに、明るい未来を描きながら、想定外の出来事や変化を楽しむくらいの気持ちをもって、この一年の仕事に取り組んでいってください。

以上