豊田自動織機大府工場「再生可能エネルギー熱利用空調システム」お披露目式を開催

~再生可能エネルギー熱利用によるCO2排出削減を目指す~

ニュースリリース サステナビリティ 環境

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗)は、国立研究開発法人新エネルギー?産業技術総合開発機構(以下、NEDO)の「再生可能エネルギー(以下、再エネ)熱利用※1にかかるコスト低減技術開発」事業の実証試験に協力し、当社大府工場(愛知県大府市)に、再エネ熱利用空調システムの実証設備を導入しました。
実証試験の開始にあたり、12月16日、NEDOをはじめとする本実証の関係者および大府市にご出席いただき、同工場にてお披露目式を開催しました。

今回の実証では、鹿島建設株式会社とゼネラルヒートポンプ工業株式会社がNEDO事業において開発した地中熱?太陽熱などの多様な再エネを集放熱源※2とする天空熱源ヒートポンプ※3(以下、SSHP?※4)システムを工場厚生棟に設置し、食堂内の空調および給湯に利用します。このうち空調においては、使用エネルギーの約30%がSSHP?システムでまかなわれる見込みです。
本実証はSSHP?システムとして初となる、実際の建物による使用環境下での実証であり、運転データを収集?解析してシステムの最適化を図り、実用化に向けた技術を確立することをねらいとしています。

地中熱や太陽熱などの再エネ熱利用は、その大きな賦存量にもかかわらず、設備導入に必要なコストが大きく、普及の妨げになっています。
当社は、システム利用者の立場で保守?維持管理など運用面での課題を抽出することで、再エネ熱利用システムの導入コスト低減に貢献してまいります。
また、当社は生産活動におけるCO2排出量を2030年度までに2013年度比で50%削減することを目標に掲げており、空調設備のエネルギー使用量削減は課題のひとつです。本実証に参加し、地中熱や太陽熱などの再エネ熱利用の知見を得ることで、豊田自動織機グループでの再エネ利用を拡大し、さらなるCO2排出削減を目指します。

今後も豊田自動織機グループは、環境への取り組みの基本姿勢である「グローバル環境宣言」に従い、地球と調和した豊かな暮らしを実現する社会への貢献をめざし、脱炭素社会の構築に向け、グループ一丸となって環境活動に取り組んでまいります。

※1 冷暖房や給湯のための熱を得るために地中熱、太陽熱、雪氷熱などの再エネを用いること。
※2 「集放熱源」とは「集熱源」と「放熱源」を指す。本システムでは暖房時、太陽?空気中?地中から熱を集め空調用熱源として用い、冷房時は、冷房排熱で温まった熱源水ループの熱を空気中、地中に放熱する。
※3 多様な再エネ熱を熱源水ループで連結する水熱源ヒートポンプ。
※4 SSHP?は鹿島建設株式会社の登録商標です。
大府工場に設置した天空熱源ヒートポンプ(SSHP?)実証装置

【体制図】

大府工場での実証事業の概要につきましては、新しいウインドウで PDF を開きます PDF[1.0 MB/2ページ]をご覧ください。

以上