創立90周年にあたり関係自治体に寄付を実施

ニュースリリース サステナビリティ

株式会社豊田自動織機(社長:大西 朗、以下 豊田自動織機)は、11月18日に創立90周年を迎えます。当社は社祖 豊田佐吉が発明した無停止杼換式豊田自動織機を製造?販売するため、1926年に株式会社豊田自動織機製作所として創立されました。祖業の繊維機械から自動車?産業車両?電子機器と事業を拡大し、おかげさまで2016年3月期には社員約51,000人、売上高22,000億円を超える企業グループにまで成長することができました。長きにわたり事業を続けてこられましたのも、お客さまをはじめ、仕入先や関係会社の皆さまのご支援の賜物と感謝申しあげます。

創立90周年を迎えるにあたり、地域の皆さまにこれまでの感謝の気持ちを込め、愛知県刈谷市をはじめ当社の事業所が所在する自治体6市1町に寄付を行ってまいります。
なお、本日11日に、刈谷市役所にグランドピアノ2台ほかの目録を贈呈しました。
また、各自治体の皆さまには、以下のとおり寄付を実施してまいります。

各自治体への寄付の贈呈日程

自治体寄付内容贈呈日
刈谷市 学校向けグランドピアノ2台
太陽望遠鏡1台
フォークリフト2台

11月11日

大府市 学校向け楽器9点
保育園向け遊具1台
乗用車2台
11月14日
安城市 災害時救護所用エアーテント5セット
栄養指導フードモデル1セット
11月22日
半田市 災害時用投光器18台
乗用車1台
11月28日
碧南市 学校向け楽器39点
学校向けサッカーゴール9セット
乗用車1台
12月2日
高浜市 小中学校用液晶テレビ162台
防犯カメラ1台
12月19日
東浦町 保育園向け遊具 15台
公園用遊具11台
乗用車1台
軽自動車1台
12月27日

豊田自動織機は、今後も「モノづくりを通して、社会や世の中のお役に立つ」との理念のもと、世界の人々の生活を健やかで楽しく、さらに豊かにする価値ある商品を提供し、「温かい社会づくりに貢献」してまいります。そして、いつまでも皆さまから信頼され、持続的に成長する企業として豊田自動織機グループ一丸となって挑戦してまいります。

以上